水素水の正しい飲み方

水素でつくる健康な体

水素水による効果とは

人間の身体は、悪玉活性酸素によって錆付いていきます。悪玉活性酸素は、遺伝子を攻撃し、老化の原因や、免疫力の低下、細胞の癌化などを引き起こす原因となります。
悪玉活性酸素が発生する原因として、環境汚染や、細菌やウィルスなど、さらには、激しいスポーツやストレス、病気などの影響などがあります。
活性酸素には、善玉と悪玉があり、必ずしも両方悪いものというわけではありません。善玉活性酸素は、神経伝達、血管新生や免疫向上などの生命維持に必要なものです。
水素水による効果 水素水には、活性酸素の中でも悪玉だけに反応し、無害な水に変えて排出することができます。それは善玉活性酸素には、球体同士ではお互いに反応しないという性質があり、悪玉活性酸素には、吸収力が強いという性質があるため、悪玉活性酸素にだけ水素が反応し、無害な水に変えます。
水素水を摂取することで、還元力や特性によって、20種類以上の疾患や症状に有効です。また、皮膚細胞を紫外線から保護して、しわの形成を抑制する効果もあります。
水素水を摂取することによって、肝臓から排出される脂肪燃焼などのエネルギー代謝を活発にする肝臓から出るホルモンを増やすことでダイエットの効果もあります。

水素水の飲み方~タイミングや量について

水素水を飲むことには、体内の活性酸素を除去できると言うメリットがあります。これは水素には、他の物質と結合しやすく、結合したその物質を中和、還元すると言う特性があるためです。
活性酸素とは、紫外線を浴びることやストレスを感じること、また飲酒や喫煙、疲労などを原因として体内で生成される物質です。量が多くなければ問題はないのですが、過剰に生成されると細胞を錆びつかせる作用を発揮するため、数々の疾病の発症の引き金や、あるいは美容の低下の原因とも言われています。これを除去することができるわけですから、水素水の飲み方、そのタイミングとしては活性酸素が発生しやすいタイミングが最適と言えます。
たとえば仕事中にストレスを感じた時とか、逆にストレスの発生が予想される前に飲むと言った具合です。飲酒時や喫煙時にも最適ですし、運動前後に飲むのも良いタイミングです。勿論、水分摂取は自分の好きなタイミングで行って問題はありませんが、できればこれらのタイミングで飲むようにすると、より水素水のメリットを活かすことにつながります。
それから飲み方に関しては、量にも気をつけなければいけません。いくら体に良い効果が期待できると言っても、一度に大量に飲むのはおすすめできません。
また水素水に含まれている水素は、一度容器を開封すると、あっと言う間に空中に飛散してしまいます。ですから水素濃度を保つためにも、そして体に負担をかけないためにも、一度に飲みきることができる量、だいたいコップ一杯程度、200ミリリットル前後の量を飲むようにすることが大切です。


Favorite


池袋のパーソナルトレーニングをお探しの方はご相談ください


池袋でパーソナルトレーニングを検討する


高齢者に配慮した食事をご用意します。


高齢者 食事


サッカーユニフォームのレプリカを購入できます


サッカーのユニフォームレプリカを見つけられます



最終更新日:2019/12/6

『水素水 飲む』 最新ツイート